PROFILE
高橋宗雄教授
高橋 宗雄
桐蔭横浜大学 工学部 電子情報工学科教授


昭和42年、千葉大学工学部電気工学科を卒業後、 日本電信電話公社(昭和60年日本電信電話株式会社に社名変更)の研究所にて、 ソフトウェア信頼性評価、ソフトウェア品質管理、ソフトウェアプロジェクトマネジメントに関する研究・開発に従事。
平成3年に桐蔭横浜大学工学部に移ってからは、 企業での経験を生かして、ソフトウェア工数見積もり、 ソフトウェア開発における人的要因、パーソナルソフトウェアプロセスなどの研究に取り組んでいる。
情報処理振興事業協会(IPA)テーマ検討委員会委員、 ISO/IEC JTC1/SC7/WG8小委員会主査、日本科学技術連盟ソフトウェア品質管理研究会第4分科会主査、 日本品質管理学会評議員、プロジェクトマネジメント学会理事を歴任。
著書に、 「ソフトウェアマネジメントモデル入門」(共著、共立出版)、
「クライアントサーバーシステム開発の工数見積もり技法」 (ソフト・リサーチ・センター)、
「TQMのための統計的品質管理」(共著、コロナ社)などがある。