">

「エネルギー危機の社会への影響」

2002年9月12日(2004.11.21一部改訂)

Yoshinori Hayakawa Laboratory

桐蔭横浜大学 臨床工学科 早川研究室へようこそ!!!

桐蔭学園

桐蔭横浜大学

医用工学部

臨床工学科

早川吉則

2005年3月19日以来の訪問者

      

石油はあと 45年で無くなるといわれている。石油がもっと見つかっても炭酸ガスによる温 室効果のため使用することが出来なくなる。このため 太陽光発電 ・ 農耕地での色素増感太陽電池 による発電 ・ 圧電素 子による波浪発電 ・バイオマス・原子力(高速増殖炉)・核融合・ メタンハイドレートなどの代替エネルギーが必要だが、その見通しははっきりしない。もしこのま まいって、エネルギが非常に不足するような事態が生じた場合工業化社会は成立しなくなる。トラ クター・化学肥料・農薬・灌漑など工業の支援を受けた農業は収穫が激減する。トウモロコシ・大麦 ・大豆など農産物の飼料の支援を受けた畜産業も肉・牛乳・卵などの生産が激減する。漁船や冷凍庫 が動かないので遠洋漁業は成り立たなくなる。運搬手段が不足するので商業も衰退し、分業社会より 効率の悪い自給自足経済に近づくため、地域により封建制度が復活し、大都市は崩壊する(よく知ら れているように生産力・人口・社会制度の間には密接な関連がある)。エネルギー危機はこのように 食糧危機を引き起こし、大量の餓死者が発生する。世界人口は19世紀〜20世紀中頃の10億人〜 20億人に激減する。勿論いきなりこんなひどい状態にはならないとは思われるが、いずれにせよか なり想像を超えた困難が予想される。医療も工業の支援がなくなり、予防・診断・治療用医薬品及び 機器の供給が不足し、医療従事者も減少するため、簡単な病気で大勢が若死にする。病気でもない人 達が餓死し、また伝染病などで大勢が亡くなるようになれば、臓器移植・陽子線治療・遺伝子治療な ど高度の医療で人手とエネルギーを費やして難病の人を助けるなどということは夢物語になる。すで に多くの人によって指摘されているように、これらの困難な状況を緩和するには、エネルギーの節約 と代替エネルギーの開発が是非とも必要である。(実際にエネルギー危機が食料危機を引き起こした 例は昨今の北朝鮮「朝鮮民主主義人民共和国」である。冷戦の終結によりソ連からの石油などの支援 や中国からの支援が薄れたため工業が危機に陥った(停電が非常に多いことが人工衛星により確認さ れている)。このため農業が危機に陥り、多数の餓死者を出している(洪水の被害・社会体制の問題 もあるが、基本的にはエネルギー危機が食料危機を引き起こしたと思われる。インターネットでの調 査によれば北朝鮮と同じ理由でエネルギー危機に見舞われたキューバは太陽電池の導入やサトウキビ のバイオマスによる代替エネルギー、有機農業への改革によって石油が50%減ったことをかなり克 服できているようだ。)。韓国「大韓民国」は、人道援助として、食料・トラクター代わりの農耕用 の牛・化学肥料等を支援している。また原子力発電所の建設支援が本格化しつつある{戦略物資の石 油は支援できない}。近い将来世界が直面する可能性がある危機は昨今の北朝鮮よりもさらに深刻で あると予想される。残りすくないエネルギー資源を奪い合えば第3次世界大戦になる可能性が高く、 軍事力も工業によって支えられているのでエネルギーの大量浪費を引き起こす。また核・生物・化学 兵器等の大量殺傷兵器(A(N)BC兵器)が人々をまっている。このままいったらひどいことになる。こ のようなことは道を歩いていても、電車のホームを歩いていてもよく起こることである。それほど容 易ではないかもしれないが皆で力をあわせ、智恵をあわせて、この難局を乗り切ろう。 (短期間に基 本的な智恵をつけるためには コンピューター数字(旧名算盤数字 ) 世界共通文字 が役に立つと思われる)

図1 産業の発展・低下と世界人口の増加・減少?

こんな風にならないためにはどうしたらよいか?

省エネルギーと代替えエネルギーの開発が肝心

 

 

 

 

 

早川研究室ホームページ

早川吉則略歴

English Home Page

Esperanta Hejmpagxo

強毒性鳥タイプ新型インフルエンザ発生阻止法の提案 (再度発生の予防も含む)

鳥タイプ新型インフルエンザH5N1大流行の危機とその対 策試案

命助かる 風邪予防法:鳥タイプ新型インフルエンザの個人的対策

鳥タイプ新型インフルエンザの社会的対策

鳥タイプ新型インフルエンザの医学的対策

鳥タイプ新型インフルエンザH5N1感染防止用医療従事者専用マスクの試作

多現象系と論理数学・連鎖反応

善と悪・半歩主義のすすめ

自然の掟:生き方のヒント

交通安全とブッダ(釈迦)の八正道

研究テーマ

放射線治療用小型機器 の 開発

ホウ素中性子捕捉療法

新しいガン温熱療法

新しい乳ガン検診法

被曝線量を減らすための新型X線CT 装置の開発 (人体任意断面CT)

放射線の性質と安全策:動物の行動と対比させて

昆虫の変態に対するX線の作用の研究

草原太陽光発電

農耕地での色素増感太陽電池による発電

外国語学習と貧困撲滅のための世界一合理的な文字の開発:世界共通文字

英才教育と貧困根絶のための世界一合理的な数字の開発:コンピューター数字

世界で初めての小学校でのコンピューター数字(旧名算盤数字)の教育

てんさいになる?コンピューター すうじ!(こどもよう そろばんすうじ きょうざい)

お子さんを天才・英才に育てません か?コンピューター数字の詳細!

コンピューター数字(旧名算盤数字)の知的障害者施設での教育

コンピューター数字(旧名算盤数字)教育風景

コンピューター数字(旧名算盤数字)を学んだ感想1

新型そろばん数字の開発-コンピューター数字とならぶ世界一合理的な数字-

地球磁場の成因-内核圧電体仮説-

1999年4月以降の論文等

Hayakawa's English Home Page

Abacus Numerals for Efficient Numeracy against Poverty, Spread of AIDS(HIV) and of Tuberculosis, and Population Crisis

Universal Alphabet for Literacy against Poverty, Spread of AIDS(HIV) and of Tuberculosis, and Population Crisis

Universala Alfabeto por Alfabetigo -Disvolvo de Plej Racia Litersistemo en la Mondo(Esperante)

お手紙は下記までどうぞ

TEST